審査の成否に影響も?!クレジットカードの審査で重視される要点

安定した収入が得られる職業は審査で有利

クレジットカードの審査を無事にクリアするには、いくつかの課題をクリアしなければなりません。審査で重視されるポイントの一つは職業であり、安定した収入が得られる職業ほど有利です。会社員や公務員が職業であると、クレジットカードの審査は受かりやすいですね。一方で収入があまり安定していないような職業は、審査では不利な傾向にあります。例えば自営業やフリーターは、クレジット会社が行う審査が多少は厳しくなります。

収入に余裕があると審査は楽々合格

収入は、クレジットカードの審査で評価に影響する重要な要素ですね。収入が多ければ資金繰りに余裕があるため、クレジット会社も安心してカードを発行できます。また収入が多ければ支出もそれに応じて増えるため、クレジットカード会社にとっての優良な顧客です。一方で収入が低めであると、どうしてもクレジットカードの審査は厳しくなります。また審査が通ったとしても、キャッシングやショッピングの枠は低くなる傾向があるため注意したいですね。

過去の取引履歴に傷がある場合には注意が必要

クレジットカード会社が特に審査で重視しているのが過去の信用情報であり、もし滞納などのトラブルがあった場合にはカード発行は難しくなるかもしれません。以前にクレジットカードやローンで滞納の事実があった場合には、その情報は記録されていて一定期間は消えることがないのです。金融機関が利用者の信用情報を互いに共有していて、別のクレジット会社や金融機関との間で起こったトラブルもカード審査の際には調査対象になります。

クレジットカードは現金を持ち歩くよりも安全です。旅行などで盗まれたり落としても、付帯保険というものがついているため対応してくれるからです。