報酬を払ってもお得?税理士におまかせ遺産相続

場合によってはかなりの節税になるんです

相続というのは何かとやっかいなものです。財産というのは皆似たようなものしか持っていない、というわけではありませんから、まずはどのような財産が残されていてそれがどれくらいの価値かを算定しなければなりません。しかも、不動産などは算定業者によって大きく価値が変わる場合がありますので、下手をすれば無駄に相続税を払うという結果にもなりかねません。こういったことがないように、税理士に相続に関する相談をしてみてはいかがでしょう。もちろん税理士といっても企業経理専門のような方ではなく、相続に強い方を探す必要がありますが。

財産価値の評価を揃えるのは大変

土地価格などの評価は一般的には売却過客の算定になりますので、高ければ高い程良いということになります。ですが、相続税に関する限りではある程度安い値段としての評価にならなければ、それだけ相続税として上乗せされてしまいます。そこで、販売時と同じく複数の不動産屋に算定の依頼をすることになるのですが、これを個人でやろうとすると骨の折れる作業になってしまいます。また、そこに美術品などまた畑違いの評価も進めなければならないのです。税理士に依頼をすることで、これらのやりとりを一括でお願いすることができます。

ミスを減らして二度手間をかけない

遺言書通りに相続が終わった後で亡くなった本人も忘れていた財産が出てきた、なんてケースもあります。この場合は新しく出てきた財産について、もう一度手続きをする必要ができてきます。一度申告したのだからもういいだろう、と放っておいたりすると追徴課税の通告を受けてしまう可能性もでてきます。そういったことがないように、経験のある専門家として税理士に依頼しておくと安心ですね。ですが、もしも相続人同士での相続割合の係争がある場合は税理士には何もできません。そのような問題には弁護士しか関われないからです。

相続の申告を税理士に任せると言うより、相続税専門の税理士に任せると、自分でやるよりはるかに安価な納税額で済みます。税の事は税のプロにお願いしましょう。