実は安全!?損失を出さない信用取引の取引手法とは?

信用取引は危険な株取引?

株取引において、売りからスタートできる信用取引は、下落局面でも儲けることができる利便性が高い取引手法です。しかし、理論上株価の上昇には際限が無いため、信用取引によって出る損失も天井が無く、大変危険な取引としても知られています。「信用取引で身を崩した」という話は株取引に携わる人であれば、必ず一度は聞いたことがある話でしょう。しかし、本当に信用取引は全て危険なのでしょうか?安全に利用することはできないのでしょうか?

現物取引のサポートとして信用取引を活用する

信用取引で失敗する可能性が高い運用方法は、信用取引のみで利益を出そうとするものです。その危険性を理解し、現物取引と組み合わせてサポート的に運用することでそのリスクは大きく減らすことができます。例えば、これからも上昇が期待できそうな銘柄を保有している場合、一旦その株の利益確定をしようとする際信用取引で同じ銘柄売っておけば、現物株を実際に売ることなく擬似的に利益確定することが可能です。会社から支給されるストックオプションの株を利益確定する時などにも使える手法です。

信用取引で株主優待が無料取りできる!?

また、現物取引と信用取引を併用することで、昨今人気がある株主優待をほぼ無料で手に入れることもできてしまいます。それは、配当権利落ち日前に現物取引と信用取引を同時に行って、株主優待の権利が確定した後に同時に決済するという手法です。配当権利落ち日を過ぎれば株価が落ちて現物取引では損失が出てしまうのが通常ですが、全く同じ株価であれば信用取引で利益が出るため、損利が相殺されます。つまり理論上、株取引にかかる諸経費のみで株主優待を得ることができるのです。

信用取引とは、ある程度の資金や株などを預けてそれを担保に信用得て、実際の金額の何倍もの取引が出来ることです、また、株式では売るポジションを取ることが出来ます。