色々種類があって困る!専門学校の正しい選び方

専門学校ってどのような種類があるの?

高校を卒業して進学を希望する場合、4年制の大学に行くのか、短大に行くのか、専門学校に行くのか悩みますよね。大学へ行っても大学で何を学んでいいか分からないと思ったときに、何か手に職をつけた方がいいと考え専門学校に進学をすることを決意する人も多いです。しかし、専門学校といっても、美容師になるための学校や看護士になるための学校、はたまた自動車の整備工になるための学校、パティシエになるための学校に至るまで様々なものがあります。

専門学校を選ぶ時のコツ

色々な種類があると悩みますが、そもそも専門学校の特徴は、進んだ先の学校で学んだことを将来直接、生かせることにあります。たとえば、大学の場合、法学部を卒業した人が自動車販売会社の営業マンになったり、病院の事務職員になったりすることがありますが、法学部で学んだことを直接生かせる機会はあまり多くありません。しかし、専門学校の場合、直接将来使う知識自体を学ぶことになります。そのため、専門学校を選ぶことは将来の職業を選ぶことと同じなため、卒業後に就く職業の情報の収集を適切に行うことが学校選びのコツだといえます。

実際に入ってみるとどうなるか?

実際、専門学校に入ってみると大学の場合とは大きく異なります。大学の場合、何を履修するかについて自分で選択をして決めることが多いですが、専門学校の場合、最初からカリキュラムが組まれており、一日のコマ数が多く全体として授業時間が大学よりも長いことが多いです。というのも、専門学校の場合、2年あるいは3年という短期の期間で技能や知識を習得しなければならないため、そのために密度の濃い授業設計がされています。したがって、ある程度将来就く職業を始めから意識して学ぶことが重要だといえます。

ゲームの専門学校のカリキュラムは、各学校の特色が表れますが、中でもクリエイターやエディター、プログラマーなどの要請に力を入れているところに人気が高まっています。