簿記の資格のとり方を解説。ネットから簡単に申込可能!

簿記は会社やビジネス等ありとあらゆるシーンで役立つ

日常生活の中なら家計簿を付ける時、ビジネスならば帳簿を付けるという時には簿記の知識があると役立ってきます。簿記はブックキーピングとも呼ばれて、古くから利用されてきた帳簿を付けるテクニックや技術や知識です。その知識を持っているだけでも、大学生の方ならば会社へ就職した時に役立ってくることも多いです。個人事業主としてこれから独立開業される方も、日々の出納帳を付けたりすることもあるので、その知識はあったに越したことはありませんよ。

資格試験の申し込みはネットから

また、簿記は現在は簿記検定というものが作られており、1級や3級という具合に、級によってそこで必要となってくる知識が変わってきます。そして、これから簿記検定試験を受験したい、資格を取得したいという方はネットから簡単に申込が出来ますので、ネットを活用していきましょう。ネットから申込をして、コンビニエンスストアなどで受験料を支払うと、試験間近になると受験場所の案内や受験番号が書かれた手紙が自宅に届きます。

3級は高校生でも取得可能

ちなみに、簿記検定3級資格は高校生でもちゃんと勉強をすれば、合格することは可能なレベルとなっています。社会人の方でも3級は三ヶ月勉強するだけで取得できたという方も多いです。1級はさすがに難易度は高いですが、3級程度であれば独学でも取得できるものとなっていますので、簿記について学びたいという方や、初心者の方は3級の資格取得を目指してみましょう。合格すれば合格証書が自宅に届き、利益書の資格の欄に記載することが出来ます。

簿記の講座では、商業簿記や工業簿記、会計学などの広い範囲の学習に取り組むことができ、各団体の試験対策を立てるうえで、模擬試験などの機会が充実しています。